闇金払わないとどうなる?

MENU

闇金払わないとどうなる?悲惨な結果になります。闇金に強い弁護士に複数相談すれば解決します

通常闇金は、正規の大手金融業者や銀行から借金を重ね続け、借り入れ件数が多い多重債務者となった人が最後に辿りついてしまう金融業者となります。しかしこのようなヤミ金融業者は国への届出もせず、貸金業法を無視した無茶な貸付を利用者に行っています。マイルールで好き勝手に営業をしているので、超高金利で高額な利息をとり、しかも利息の支払い日が月に1回ではなく10日に1回など、正規の業者と比べてみると段違いに劣悪です。普通に正規の業者から借り入れできるレベルの人であれば、通常このようなヤミ金業者を利用する事はありません。金銭トラブルになるとわかりきっている危険な業者に手を出さなくても、テレビなどでCMも流されているような大手消費者金融で安全にお金を借りることが出来るからです。ヤミ金業者に手を出してしまう人というのは、既に借金をする事自体に罪悪感を持てなくなり、借金に関する金銭感覚もどこか狂いが生じてしまっている人達も多いです。中には正規の金融業者に借りたお金が返済しきれなくなり、借りれる所が無いか探しているうちにヤミ金業者にたどり着いてしまう事もあります。ずっと返済に苦労し続けているので冷静な判断や客観的に自分を見つめ直す事が出来なくなっていて、隙が生じてしまっている人達が非常に多いのです。そして闇金はそんな人達にとって魅力的なフレーズを並べ立てて誘い込んできます。「○○万まで即日融資」「ブラックOK・債務整理した人もOK」「自由返済」「電話一本で融資可能」などです。しかし実際には大きな額の融資などしてもらえる人はいません。新規利用者を誘い込むための口実なのです。闇金の手口としては、先に大きな額の融資が決定したと言って利用者を喜ばせ、しかし融資をするためには保証人を立てなければならないと言ってきます。これにのせられてホイホイ保証人を仕立て上げたり、家族構成や職場などの個人情報を闇金に知らせてしまうと後が大変です。散々利用者から情報を引き出した所で結局たった数万円程度の融資しかしてもらえない旨を伝えてきます。しかしたった数万円の借入であったとしても、総返済額が数十万円、数百万円になってしまう事があるのがヤミ金業者の恐ろしい所です。よく家族や友達とのお金の貸し借りの際にネタに使われている「トイチ」というのは10日で1割という利息になりますが、これは昔の闇金でよく使われていた金利でした。しかし闇金の中ではトイチは良心的な方で、最近では10日で2割程度が相場になってきていますし、トサン・トゴなど、それ以上の利息を取る所もたくさんあります。闇金を利用する人は既に正規の金融業者からも借金が沢山ある人も多いですし、自己破産意外の債務整理をした後にその残債の支払いが残っている人が利用している場合も多々あります。お金に困ってヤミ金にまで手を出してしまっている人達が、このような高額な利息を支払い続けるのは至難の技です。最終的に更にタチの悪い闇金に流されてしまったりなど、どん底まで堕ちてしまう事も多いのです。支払いをする事ができなくなり、延滞をしてしまうと更に高額の遅延損害金の支払いを迫られ、借金額もどんどん膨れ上がってしまうのです。近年になってヤミ金業者にはソフト闇金と呼ばれるものが誕生しました。もちろんソフト闇金も違法業者ですが、一見すると普通の貸金業者と同じように営業されています。金利も違法な上に届け出も出されていない闇の業者である事には変わりがないですが、返済さえしっかりしていれば元金も返済する事が出来ますし、普通の消費者金融のように利用する事ができます。しかし実態は闇金と変わりのない違法業者ですし、ソフト闇金が闇金の入り口のような役割を果たしている事も多いので利用は禁物です。結局闇金でもソフト闇金でも、お金を借り入れしたら違法で高金利の利息を支払わなければなりませんし、払わなければ悲惨な結果が待っています。ソフト闇金はともかく、基本的なヤミ金業者の手口は貸金業者の体を成していない一方的な営業となります。最近はドラマでも闇金業者がクローズアップされていますが、あんな生易しいものではありません。闇金からお金を借り入れると、返済期日を指定されます。しかしその際には返済用の振込口座などを知らされる事はありませんし、聞いても教えてくれません。返済期日になって担当者に連絡しようとすると、担当者が電話に出なくて連絡が取れないか、担当者がいないから振込口座が分からないなどと誤魔化されます。そのまま返済期日が過ぎてしまってから担当者から連絡が入ったり、自分がかけたらようやく電話がつながるなどします。ですがこの際には言いがかりをつけられ、全てこちらのせいにされてしまいます。そしてヤミ金業者は利息分の支払いだけを受け付け、元金の返済は次回以降になると言われるのです。それ以降も元金の返済はことごとく阻まれ、遅延損害金や利息の支払いのみを半永久的にさせられてしまうのです。闇金はことあるごとに金銭を利用者から巻き上げるのが特徴の一つです。支払いを遅れさせてしまえばその度に新しく金銭を要求してくるのです。闇金融業者などと呼ばれていますが、その実態は少額のお金を貸付し、その後はまともに貸付などをする気などなく一方的に金銭を搾取する犯罪集団なのです。お金が巻き上げられる所からはとことん搾取を繰り返す恐ろしい犯罪組織です。そしてお金を被害者から巻き上げるためには何でもやります。融資の際に教えた個人情報に家族・親戚・友人・職場などを伝えてしまってあれば、延滞した途端にそちらに嫌がらせや督促が行きます。ヤミ金業者は基本的に話が通じるタイプではありません。割りと言っている事も筋が通ってなく、それを恫喝や勢いで誤魔化しているに過ぎません。しかしこのようなヤミ金業者と個人が渡り合っていくには非常に無理があります。この場合に警察に相談をする人がいますが、警察も裏付けが取れないかぎりは動きようが無いため、根本的な解決が難しいですし、それが分かっているので相談してもあまり積極的ではありません。また、闇金問題を取り扱っていない弁護士に相談してもあまり意味はありません。この場合の正しい相談先は、ヤミ金業者に強い弁護士や、闇金のトラブルを受け付けている弁護士に相談するのがおすすめです。