闇金借金 利用

MENU

闇金を利用してしまった場合、どうすればいいですか? 弁護士に相談しましょう

闇金、被害、逃げる

現代の社会においては消費者金融業者のキャッシングや

 

信販会社のクレジットカード、

 

あるいは銀行のカードローンなどを利用してお金を借りるということは特殊なことではありませんし、

 

その利用方法に気をつけてさえいれば思わぬトラブルに発展してしまう心配もありません。

 

計画的にお金を借りることができさえすればせっかくの蓄えを切り崩すことなく、現在よりももっと生活に張りが生まれることもあります。

 

かつては消費者金融などの貸金業者は消費者の年収という部分についてあまり重視しておらず、可能な限り貸付を行うことが一般的に行なわれていましたが、

 

その影響から多重債務者となってしまう人が増加したこともあって現在では貸金業法が改正され、かつてのような消費者に対しての必要以上の貸付はできないようになっています。

 

 

 

総量規制のルール

貸金業法が改正された以降、貸金業者が消費者に対して貸付を行える金額には上限が設けられるようになりました。

 

このルールのことを総量規制といいます。

 

総量規制のルールというものは、貸金業者が貸付を行なう際にはその上限の金額は消費者の年収の3分の1までとなっています。

 

これは消費者の借り過ぎや貸金業者の貸し過ぎを未然に防ぎ、多重債務者の増加に歯止めを掛ける狙いがあります。

 

総量規制が施行されて以降、年収による貸付制限が設けられたため、すでに年収の3分の1近い金額の借入がある人の場合、新樹での借入ができないようになっています。

 

しかし、日本には総量規制による貸付制限というルールを守らずに消費者に対して貸付を行っている金融業者も少なからず存在しています。

 

 

いわゆる闇金

本来、消費者に対して貸付を行う金融業者は貸金業者として登録が必要であり、登録のなされていない金融業者は貸金業者としての営業をすることは認められてはいません。

 

しかし、一部の金融業者は営業をするために必要な登録を行なわないまま、いわゆる闇金として営業を続けて消費者に対して高利での貸付をしています。

 

前述したように闇金と呼ばれる業者は本来であれば営業をすることが認められていない金融業者であり、そのような業者からお金を借りることは賢明な行為とは言えません。

 

しかし、すでに総量規制の上限まで借入がある人にとってはお金を借りたい場合につい手を出してしまうこともあることでしょう。

 

 

法外な利息を請求

ただし、闇金業者はあくまでも違法な金融業者であり、貸金業者が守らなくてはならない法律に則った営業をしているわけではありません。

 

たとえば、消費者金融などが消費者に対して貸付をする際には利息の上限を定めた利息制限法を守らなくてはなりませんが、闇金の場合、法外な利息を請求してきます。

 

当然のことながら、法外な利息を請求された場合、あっという間に利息が利息を生んでいくことになるので短期間で借金の総額は大きく膨らんでいくことになります。

 

また、少しでも借金の返済が遅れたときには早朝や深夜に関わらず取り立ての電話や自宅への訪問が行われることになり、そのことに頭を悩ませる結果になってしまいます。

 

万が一、闇金からお金を借りてしまったときにはできるだけ早く弁護士へ相談するようにしましょう。