闇金借金 見分け方

MENU

闇金の見分け方を教えて下さい。 弁護士に相談しましょう

闇金、被害、逃げる

闇金とは、貸金業の登録をしていない違法な業者です。

 

特徴は、違法な金利で貸し付けをしています。

 

登録番号を広告やホームページに掲載していませんので、

 

それがなければ可能性は高まります。

 

また、利息制限法の上限金利を超えている場合も同じです。

 

ちなみに、利息制限法では上限金利を、年利で15パーセントから20パーセントに設定しています。幅があるのは、貸付金額によって上限が異なるためです。

 

いずれにせよ、これらの範囲に収まっていない金利を設定して貸し付けを行っていれば、闇金業者であることになるでしょう。

 

もちろん、貸金業登録を行って違法な金利で貸し付けをしている悪徳業者もありますが、それも実態は闇金と一緒です。

 

 

 

業者の取り立ては法律を守っていない

このような業者から借り入れをすることは、自分にとってマイナスとなります。

 

その時点でお金を融通できたとしても、すでにこのような業者を利用せざるを得ない状況に陥っている人は、絶対に返済をすることはできなくなります。

 

そして、これらの業者の取り立ては法律を守っていないため、厳しい傾向にあります。時間を問わずに自宅に電話をかけてきますし、直接訪問して強引に支払いを求めることもあります。

 

また、自分だけではなく、取引先や家族のところにまで取り立てに行くこともあります。そのため、利用してしまうと自分だけではなく、周囲の人間にも迷惑をかけてしまうことになります。

 

一番正しいのは、いくらお金が足りなくなっても違法業者を利用しないことです。しかし、利用してしまってから利用すべきであったといっても意味がありません。したがって、トラブルを解決するためには何か有効な手段をとる必要が生じます。

 

 

最も有効な手段

そこで、最も有効な手段が、弁護士に相談することです。

 

弁護士は法律のプロですから、業者にとっても間に入られると厄介です。これらの業者は足がつくことを嫌いますから、弁護士が介入することで違法な取り立てがやむ確率が高いです。

 

また、違法な金利によって支払ったお金は返してもらうことが法的に可能ですが、これを代行してもらうこともできます。

 

裁判になれば負けることは明白ですし、交渉次第では示談で支払うこともあります。

 

こればかりは個別の業者によって対応が異なりますが、少なくとも違法な取り立てはやむでしょう。

 

したがって、違法な取り立てで悩んでいる方は、まずは弁護士に相談して、それがやむようにするべきです。

 

 

闇金業者の利用客の募集方法

闇金業者は、正規のルートでは利用客を募集していません。

 

  • 電柱などに広告を貼ったり
  • インターネットの掲示板

 

で借り手を募集したりします。

 

つまり、自分から積極的に働きかけなければ利用することはありません。しかし、多くの人はお金に困って利用してしまいます。

 

これは業者の思うつぼです。

 

対処は弁護士に相談することでできますが、今後また利用しないかどうかは個人の考え方次第です。

 

また、二度と利用しないようにするためには、そもそもお金に困らないようにする必要があるでしょう。