闇金借金

MENU

闇金からお金を借りてしまいました。どうすればいいでしょうか? 弁護士に相談しましょう

闇金、被害、逃げる

もしも闇金から間違ってお金を借りてしまったとしたら、

 

それは犯罪被害に遭ってしまったのだということになります。

 

ですから、絶対にそのまま放置していてはいけません。

 

もしも何の手も打たずに放置してしまうと、最悪の場合、悪党どもに骨の髄までしゃぶり尽くされてしまいます。

 

そもそも奴らは犯罪者ですので、その貸し付けは違法なのです。ですから間違ってお金を借りてしまったとしても、返す必要は全くありません。

 

まずは、そのことをしっかりと認識しておくことが肝心です。

 

 

具体的にどんな手を打てば良いのか

それでは闇金などの違法な悪徳金融に引っ掛かってしまったとしたら、具体的にどんな手を打てば良いのでしょうか。

 

それは、悪徳金融に強い弁護士事務所を探し出して、そして一日も早く相談することです。

 

確かに事務所を訪ねる際には、どうしても料金的なことは気になってしまいます。しかし多くの事務所では無料相談を受け付けてくれていますので、まずはお金の心配はせずに相談をすることです。

 

それに悪徳金融の問題で相談に来る人は、お金に困っている人であることは事務所側も十分に承知しています。

 

ですから常識的に考えても、料金が支払えないほど高額になってしまうはずがないのです。

 

 

一人で立ち向かうことは非常に困難

いずれにしても、悪党たちに対して素人の自分が一人で立ち向かうことは非常に困難ですので、是非、専門家に助けてもらいましょう。

 

弁護士ならば対処法も手続きも全部熟知していますので、自分の被害については何が最善な解決方法なのか、的確に判断して助けてもらえるはずです。

 

 

悪質度の高い闇金業者

ただし、もしも悪質度の高い闇金業者が暴力団員のような輩を引き連れて取り立てにでもやって来るようなら、その際には迷わず最寄りの交番や警察署などに駆け込みましょう。

 

そして必要なら、正式に被害届を出すことも躊躇ってはいけません。実際に暴力的な行為による苦痛を受けるような場合であれば、弁護士よりも警察に届けたり相談すべきなのです。

 

しかし今の時代、そのような暴力的な被害は昔に比べると確実に少なくなりました。ですから最初から警察を頼らざるを得ないようなケースは、まず考えられないことでしょう。

 

 

断固とした法的な対応

いずれにしても、闇金被害に対しては断固とした法的な対応を取るべきです。それは間違いないことです。

 

しかし敵も然る者であり、巧妙に被害者を泣き寝入り状態にさせるように誘導してきます。

 

たとえば「借りたお金は返すのが当然でしょう。一度に返せないのなら、毎月、少しずつでも返し続けるのが筋ってものでしょう」などと、もっともらしいことを言うのです。

 

しかしその目的は、誰にも相談させずに被害者を孤立させることなのです。ですから奴らに何を言われようが、まずは弁護士に相談しましょう。そうすれば解決の道が見えてくるのです。

 

ちなみに悪質な闇金になると、利子だけ受け取って元金は受け取りません。すると何時まで経っても返済が続いてしまうことになります。

 

だからこそ、被害に遭ったら一刻も早く相談しなければならないのです。