闇金借金 ソフト闇金

MENU

ソフト闇金からお金を借りる危険性と被害 弁護士に相談しましょう

闇金、被害、逃げる

「闇金」とはヤミ金融業者の略称であり、貸金業者法を無視して、

 

届け出の義務も果たさずに独自のルールで金融業を営んでいる業者のことです。

 

その金利は暴利であり、返済が出来なくなれば恐ろしい取り立てが始まります。

 

「ソフト闇金」とは、暴利のヤミ金業者の中でも比較的安価な金利だと言われていますが、相場でも10日で2割という利子なので、とてもソフトとは言えません。

 

比較対象が悪徳ヤミ金業者であればソフトと言えるのかもしれませんが、一般の金融機関と比べると暴利もいいとこです。

 

 

ソフト闇金は恐ろしいヤミ金業者

結論から言うと、ソフト闇金といっても恐ろしいヤミ金業者であることに変わりはありません。

 

それらの業者との間で自分では解決できないような問題を抱えているのであれば、迷うことなくヤミ金問題に強い弁護士に相談することおすすめします。

 

 

ソフト闇金と悪徳ヤミ金の違い

ただ、ソフト闇金と、そうでない悪徳ヤミ金の違いは確かに存在します。それは業者の目的です。

 

前者の場合は、曲がりなりにも貸金業者の体を成している業者と言えます。

 

あまりにも高すぎる金利とは言え、きちんと支払いをしていれば、借りる側と、貸している側の関係は成り立ち、それ以上の問題に広がる可能性は低いです(あくまで低いということです)。

 

しかし後者の場合は、金融業者ではありません。詐欺集団、恫喝集団です。嘘のような本当の話ですが、悪徳業者は借りているお金を全額返させてくれません。

 

 

なぜお金を全額返させてくれないのか

きちんとお金を支払わないと取り立てが怖いというヤミ金業者が、なぜお金を全額返させてくれないのかというと、金融業者ではないからです。

 

利息も含めた融資金額を全額返済されてしまうと、その人との契約が終了してしまいます。そうなるともうお金を要求することができなくなるため、お金を受け取らないのです。

 

返済期日当日に全額返済しようと電話連絡をしても、何かしらの理由をつけて返済先の口座を教えてもらえません。

 

そしてそれを利用者側のせいだと難癖をつけて、利息分だけのお金を受け取ります。そしてまた元金を新たな利息を含めて次の返済日までに支払うよう要求してきます。

 

しかしまた何かしらの理由をつけて結局全額を受け取ってくれないのです。こういった状況と続けていくと、利子すら支払えない時期が来てしまいます。

 

 

利用者からお金をふんだくりたい

それを延滞してしまうと、遅延損害金としてまた膨大なお金を要求されたり、恐ろしい嫌がらせの取り立てがスタートします。

 

それからこちらが希望していなくても、勝手にお金を振り込んできて、暴利と共に返済を迫ってきたりという手口もあります。

 

つまり悪徳ヤミ業者にとって、お金を貸すという行為はキッカケの1つであり、目的は利用者からお金をふんだくりたいのです。

 

 

 

このような両者の違いはありますが、ソフト闇金と思っていた業者が、実は悪徳ヤミ金業者であったり、

 

取引をしている間に悪徳な手法を用いるように変わってしまったり、個人情報が流出してしまったり、

 

ソフト闇金業者であれば取り引きをしても安心だということは全くありません。