闇金借金

MENU

闇金融の被害に遭わないための対策 弁護士に相談しましょう

闇金、被害、逃げる

闇金融の被害に遭わない為には、まず、闇金融を利用しない・近づかない事が大切です。

 

闇金融を利用すると違法な高利息を永遠と払わされ続けます。

 

払いたくても意図的に、相手の当該闇金業者が不在を装ったり

 

電話に出なかったりして、借りた金の完済をさせずに、違法な高金利を払わされ続けます。

 

更に、当該業者は、借りた側が借りた金銭を払わないと、執拗な嫌がらせを伴う取り立てを行ってきます。

 

 

 

被害に遭わない為に

これら等の被害に遭わない為には、当該業者に絶対に利用しない・絶対に近づかない事が大切です。

 

 

法学部教授等の市民講座

この当該被害の危険性について、弁護士会所属の弁護士・大学の法学部教授等が市民講座を行っています。

 

その市民講座等を受けて、被害に遭わない様な知識補充を行えば、違法な高金利ビジネスの餌食に遭遇する可能性を低くなるばかりか、実際に被害に遭っても被害救済の方法を会得できます。

 

 

被害に遭った場合

万が一、被害に遭った場合には、更なる違法な高金利ビジネスの被害に遭わない為に、法律の専門家弁護士に相談すると、高金利ビジネスの被害を可能な限り防ぐ事ができます。

 

法テラスと言う機関が法律の救済に関しての情報提供を行っていますし、地元の弁護士会もそのような事を行っています。

 

 

相談する事に抵抗がある場合

最初から自分で法律事務所に相談する事に抵抗がある場合には、法テラス・地元の弁護士会等に相談するという方法もあります。

 

当該闇金融の違法な高金利ビジネスで借りたお金は原則元本も含めて一切返還する義務はありません。執拗な取り立てにも応じる必要はありません。

 

弁護士に依頼すれば、場合によっては即日に執拗な取り立ては止まる可能性があります。

 

 

初回相談は無料で相談

相談も普通の法律相談は有料ですが、当該問題においては、事の重大性を鑑みて先生は初回相談は無料で相談対応してくれる法律事務所もありますし、

 

報酬も一見当たり数万円で行ってくれたり、報酬の後払い・分割払いにも対応してくれる法律事務所も少なくないです。

 

このような悪質な高金利ビジネスを行う業者は、原則取れる所から金銭を搾取します。

 

専門家に依頼すると、場合によっては自分の氏名や住所を突き止められ、罪に問われる事があるので、そのような危険性がある人には、執拗な取り立てを継続する事は実利が少ないです。

 

 

返還義務がない裁判判例

当該問題において返還義務がないのは、裁判判例がいくつも出されています。相手に義務がないのに払えというと、それは、刑法222条の脅迫罪・刑法223条の強要罪に該当します。

 

前者は二年以下もしくは30万以下の罰金、後者は3年以下の懲役の罪に該当します。

 

取り立ての際に「金を払え馬鹿」等の名誉を棄損させる事は刑法230条の名誉棄損罪になり、3年以下の懲役・禁固または、50万以下の罰金になります。

 

名誉棄損というのは、本当の事でも、公然と事実を指摘する行為(金を払え馬鹿等と罵る)も罪になります。この様な事があったら、警察に通報した方が良い場合があります。

 

相手を刺激しすぎると、思わぬトラブルになるので、この場合もできる限り法律の専門家に相談した方が良いです。