街金とヤミ金の違い同じ?

MENU

街金とヤミ金の違い同じ?

街金とヤミ金の違い同じ?

街金という言葉は知っていますか?

 

ヤミ金という言葉は聞いたことがあっても「街金て何?」と知らない人や、街金という言葉は聞いたことがあってもよく知らず「街金もヤミ金の一種でしょ」、

 

「街金もヤミ金も違法」と思っている人が大半なのではないでしょうか。しかし街金とヤミ金では大きく違うのです。

 

まずはその経営
お金の貸し借り、つまり金融業を行う際には国や都道府県に貸金業としての登録が必要です。

 

この届け出をして合法的に経営しているのが街金、届け出を出さずに違法に経営しているのがヤミ金なのです。元々違法な貸金業をおこなっているヤミ金ですから、ルールなど存在しません

 

そのため高い金利やテレビで見たことがあるような暴力行為や執拗な電話、人権を無視した行為が行われ、どんどん追い込まれて人生が破滅してしまう…というのがヤミ金です。それは時に借入した本人だけでなく、その家族や会社にまで影響を及ぼします。

 

また、一度ヤミ金を利用するともし完済したとしても別のヤミ金業者に個人情報を流されてしまい、また借入するよう促されたりすることもあり、もしその時に少しでもお金に困っていそうだと悟られると巧みに借入させ、また執拗に取り立てる…などという終わらない悪循環を招きかねません。

 

街金とヤミ金で次に違うのが「金主」です
あまりなじみのない言葉ですが、金主とはいわば金を貸すために必要な資金源のことです。お金を貸すためにはもちろん、そのためのお金が必要です。そのお金をどこから調達するのか、それが街金とヤミ金では異なります。

 

カードローンの場合と同じく街金も多くは銀行信用金庫が金主です。その一方でヤミ金は銀行や信用金庫から調達するのではなく、暴力団などの裏組織からお金を出してもらい、そのお金で貸金業を経営していることが多いのです。

 

ヤミ金が裏組織からお金を調達する際にも高い金利が取られるますから、ヤミ金は更に多くの金利を取らないと経営が成り立たないのです。先に述べた貸金業の登録をしているかどうかは今やインターネットですぐに調べられるので利用すると良いでしょう。金融庁のホームページでも公開されています。

 

また、金主については借りる側から中々見えない部分ではあります。しかし銀行や信用金庫などが金主のところはそれを公開して信用を謳っている事があるので、そういった安全なところを探すと良いでしょう。

 

街金は登録をしていて合法であるはずですが、街金によっては違法な取り立てや実は金主が暴力団だった…ということもあります。お金を借りる際には勧誘されるがままに借りたりせず、念には念をときちんと下調べをしてから借りることをお勧めします