街金の金利

MENU

街金の金利

街金の金利

街金の利息は高いのではないかと心配されている方、ご安心を!

 

街金は消費者金融に属しているので、きちんと法律で決められた通りの利子しか付かないようになっています。今回は利子・利息についての説明をしますね。

 

まず街金とは、一定の地域内で仕事をしている、小〜中規模の金融会社のことを言います。

 

ほとんどが決めた範囲内で融資を行い、繁華街など人が多く集まって賑わってる場所を選んで会社を建てているため、街金という名前がつきました。呼び方が違うだけで、立派な消費者金融に含まれます。つまり貸金業が守っている決まりを受けているという意味です。

 

この法律が改められたことで、利子や利息にも変化がありました。これについてお話しする前に、肝心の法律に関する説明をしましょう。

 

貸金業法というのはその名の如くお金を貸し出す仕事をしている会社に適用される法律です。これは平成22年の6月に、内容がほぼ全て変更されました。これにより、消費者金融は大打撃を受けました。特に深い関わりを持つようになったのは、利息の限界の決め方を変えることと、全体の量に一定の制限を設けたことです。

 

これまで利息の上限は、警察によって罰せられるやり方の上限とは差があったので、どの金融会社も出資法(サラ金などを取り締まる法律です)に従っていました。法律上では20%の利息が、出資法になると29.2%と、約10%もの差がありました

 

ですが法律の中身が一新されたことで、出資法の限界も20%になったのです。このため、法律の改定=利子・利息の引き下げと相成ることとなりました。もちろん街金も、この改定済みの法律に従っています

 

現在の利息の上限は、15〜20%の間にするようにと決まっています。これは貸し出す金額によって変わってきます。10万円未満なら20%、10〜100万円は18%、それ以上は15%と、借りる金額が大きければ大きいほど利息が少なくなる仕組みです

 

さらに総量に関する決まりも出来たので、年収の3分の1以上を貸し付けることは不可能となり、50万円を超えるようだったら今の収入を確認出来るものを見せなければいけないようになりました。この決まりを守るのは、大手だろうと街金だろうと同じです

 

お金を借りる側にとっては多少ですが楽になったものの、会社側からしてみると、かなりの痛手となりました。特に規模が小さい街金は、大手会社よりも状況がきつくなったかもしれません。