街金とは

MENU

街金とは

街金とは

街金とは、世間一般で名が知られている消費者金融と同じものです。違いは規模が大きいか小さいかという点ですね。

 

後はほとんど変わらないのですが、大手と比べると借りる際の審査が緩めで、ブラックリストに載っているような人でも、今の収入さえ確かめられれば借り入れを許可してしまうところがあります。

 

そのかわり、利息は高めに設定されています。
街金は法律準拠の登録番号を持っており、広く門戸を開放しているというよりも、一部地域にポイントを絞った小口業者となっています。

 

ですが中にはヤミ金と大差がない会社も含まれているため、使う前にどのような会社なのか確かめておくことが大切です。ヤミ金はとんでもなく高い利息を吹っ掛け、取り立てる方法を選びません。自分の身に危険が及ぶ可能性も高いです。

 

このようなグレーゾーンの位置にいるせいか、ヤミ金と同様に避けられることが多い街金ですが、基本的には消費者金融としてきちんと認められ、利息制限法に則ってお金を貸してくれる合法的な業者だということは忘れないで下さい。

 

昔は大手会社だろうと街金だろうと一緒くたにされて「サラ金」と呼ばれており、その結果、高い利息が付いてしまうところというイメージがついてしまいました。しかし現在は様々な法律が課せられたことで、銀行と同じくらいの安心感を抱くことが出来るようになりました。

 

特に有名な金融会社になると、規模の大きな銀行と手を組み、利用するお客様がより安心して借りられるような工夫をしています。銀行よりも審査を通過しやすくATMを使ってお金を返すことも出来ます。さらにサービスに関しても銀行と同じく受けられるようになっているという有り難さ。

 

1ヶ月の間は利息がつかないなどのサービスを広めたり、利息はなるべく安くしたり、親しみを持ってもらえるようにCMにはタレントや女優を使うなどといった努力が実を結び、そのおかげか利用者は増えているようです。
このように街金には利点もありますが、その反面難点もあります

 

まず利点ですが、借り入れの審査を行う際、ブラックリストに記載があるか、返済が期限よりも遅れるかなどといった事情を考慮に入れてくれたり、審査方法が現在の収入と生活の状況を確認するやり方なので、よそと比べるとお金を借りやすいのです。頼めばその日のうちに貸してくれることもあります。

 

一方、難点は大手よりも利子が数%ほど高いことです(法律で決められた額のぎりぎりまで利子がかかることもあります)。そして返し方が振り込みだけだったり、専用のATMがなかったりと、限定されています。
街金とヤミ金の最大の違いは、登録番号や利子がはっきり記されているか否かです。法律通りの利息はもちろん、貸金業に登録してあるかどうかを必ず確認するようにしましょう