闇金借金返済

MENU

闇金返済払えない時の解決方法

ブラック企業を許さない、非人道的組織に対する取り組みは嘗てより一層強化され、消費者にとっては安心して生活出来る社会の実現に向けて確実に進歩しています。

 

闇金というカテゴリーに目を向けても同様の事が言えて、昭和時代に見られた玄関先への張り紙や昼夜問わない電話、待ち伏せや脅しなどの行為に及んだ場合は即座に警察が出動し対応してもらえるようになりました。

 

しかし俗に言う裏社会で生き延びる人も必死で、法律の目をかい潜り何とか生き延びているのも事実です。

 

公に見えない所で、確実に金貸し業を営み、未だに法外な利息で富を得ている人が存在します。

 

そうしたお金の行きつく先は反社会的勢力であったり、麻薬や大麻などの違法薬物の購入代金などに当てられるケースが多い為、徹底した排除が求められます。

 

 

つい借りてしまうのが闇金の恐ろしさ

闇金、被害、逃げる

さて、これだけ危険でリスクが高いと知りながら、切羽詰まった状況に置かれた人達がつい借りてしまうのが闇金の恐ろしさです。

 

先方もプロですから、困窮した人を上手に見つけて必ず受け取るという絶妙なタイミングで声を掛けて来ます。

 

すると人間は甘い罠だと知っていても止める事が出来ないのです。

 

闇金から融資を受ける、つまり借金をした事を責める事はしません。

 

誰しもそう言う弱い部分を抱えながら生きています。問題は手を出してしまった後の対処法にあります。

 

 

後の対処法

借りるだけ借りて後は人任せとか、連帯保証人に全てを押し付けて逃げるようでは人として道理を外れます。

 

借金がある事は事実ですし、仕方のない事です。対処法というのは法外な利息に関して、列記とした弁護士に相談し、返済計画を根本から見直し問題をクリアにするという事です。

 

 

不安と闘って孤独に陥っている人におすすめ

弁護士に依頼するだけでも更にお金が掛かるから相談出来ない、家族に借金がばれてしまう。そんな不安と闘って孤独に陥っている人も大勢います。

 

そんな人の為の闇金に強い弁護士事務所があります。昨今はテレビコマーシャル等でも積極的にPRしているので、誰も名前だけは知っている弁護士団体も多いのではないでしょうか。

 

 

 

プロである弁護士に依頼する際のポイント

闇金、被害、逃げる

闇雲に相談するのではなく、プロである弁護士に依頼する際のポイントは2つあります。

 

 

1つは必ずその道に精通した企業(弁護士事務所)である事。

 

そしてもう1つは幾つかの事務所に相談する事。

 

つまり複数先に相談の上、最も信頼のおけると感じた事務所に依頼する事がポイントになります。

 

 

見積もりを取るというのは大切な事

何事もそうですが、見積もりを取るというのは大切な事です。

 

この相談の場合、決して金額の事を言っているのではなく、

 

  • 相談相手の考え方や人柄
  • 事務所の雰囲気や貴方に対する接し方
  • 対人としての相性

 

などを複数の事務所に相談する事で、最も最適な弁護士に出会う事が出来るという意味です。

 

1か所だけと最初から決め込むと、思いの他対応に不満が生じたり、結果が思わしくなかったりと負の面が表に出た際、他と比べ用がないので泣き寝入りする事になってしまうからです。

 

得てして融資を受けている人は余裕がなく、少しでも早い解決を望む傾向にあります。複数の相談なんて、同じ事を何度も何度も話して疲れるし、面倒だと感じる人も多いでしょう。

 

しかし、ここでひと踏ん張り頑張るか否かの違い(差)が将来の貴方を良い方向に導いてくれます。

 

 

 

スマートに解決してくれるのが弁護士

闇金、被害、逃げる

素人だけでは解決出来ない複雑な問題を、法律にのっとってスマートに解決してくれるのが弁護士です。

 

一羽ひとからげに弁護士と言っても、離婚相談専門や企業顧問など専門分野があり、何でも100パーセント強い事務所など有る訳がありません。

 

億劫がらずに最初のドアを勇気を持って開けてください。

 

 

情報漏えい皆無の時代

個人情報保護法が成立されて以降、負債や融資などの個別情報も重要な個人情報として取り扱われるようになり、弁護士事務所から情報が漏えいする事などほぼ皆無の時代となりました。

 

貴方も必要以上に不安にならず、最低一緒に家計を共にする家族にだけは打ち明けて、一緒に解決の道を歩いてくれるよう説得する事も大切な事です。

 

全ては貴方の意思で始まった事です。解決というのは決して簡単な事ではありません。

 

 

専門機関を上手に利用

折角貴方を支えてサポートしてくれる専門機関があるのです。上手に利用しない手立てはありません。

 

事務所によっては成功報酬という制度を設けている所もあり、融資でお金に余裕のないと分かっている貴方から、相談料も最初は受け取らず、最後にまとまった法外な利息が返済された暁にはそこから指定の手数料を支払うというケースも多いものです。

 

金銭の心配は必要ありません。最初の相談でこうした不安も全て洗いざらい話してください。格好をつけず、ありのまま、正直に全てを話す事から解決の糸口が見つかるものです。

 

弁護士に相談に行く際は、融資にまつわる書類を全て揃えて持参してください。

 

あまりに膨大な書類の場合、書類整理だけで時間が経つのは無駄なので、せめて時系列にまとめるか、複数の金融機関から融資を受けている人は金融会社ごとに分類するなど、ある程度整理してから相談に行くよう心掛けてください。