闇金借金返済抜出す

MENU

闇金から抜出す

金融機関からお金を借りるということは、借りた後には借りたお金である元金に利子を加えて事前に決められた期日までに返さなければならないことを意味しています。

 

この基本というものは、どこの金融機関のいかなるローン商品であろうとも同じです。

 

ですから借金をすることとは、将来の返済に対する責任を背負うということを意味しているのです。

 

 

貸金業者には貸金業法がある

闇金、被害、逃げる

そんな金融機関からの借金ですが、原則として全ての金融機関は法律に従って一般消費者にお金を貸しています。

 

たとえば金利一つ取ってみても、それは決して金融機関が勝手に高く設定することはできません。

 

金利の上限は法律で厳しく決められているのであり、どこのローン会社でも法律はきちんと守っているのです。

 

たとえば銀行には銀行法という法律があり、消費者金融やサラリーマン金融などの貸金業者には貸金業法があるのです。

 

もしも法律を破ったりしたら、二度と商売ができなくなってしまうかもしれないのです。

 

 

法律を無視した高金利

ところが、広い世の中には闇金のように違法な悪徳金融が紛れ込んでいることがあります。それは正規の金融機関ではなくて、正式な許可もないのに人にお金を貸しているのです。

 

しかも法律を無視した高金利で貸したり、貸した人に対して厳しい取り立てを行ったりしているのです。

 

そんな悪徳金融は単なる犯罪集団と考えて間違いありませんので、たとえどんなにお金に困っていても、絶対に借りないというのが最善と言えます。とにかく借りなければ、被害に遭うことはないのです。

 

 

人間の弱さにつけ込んで汚い商売

しかし、人は経済的に困窮して基本的生活が立ちゆかなくなってくると、切羽詰まった状況に追い込まれてしまいます。

 

すると正常な判断力も乏しくなってしまい、危険かもしれないと分かっていても悪徳金融などからお金を借りてしまうこともあるのです。

 

人間とは弱いものであり、お金が無くなって苦しくなって追い詰められると、目の前の差し迫った苦しみから逃れるためには、違法な高金利でも借りてしまうことがあるのです。

 

悪徳金融とは、そんな人間の弱さにつけ込んで汚い商売をしているのです。

 

 

最近の傾向

ただし、最近の傾向として言えることは、悪徳金融と正規の業者との境界線が曖昧になってきているという点です。

 

つまり、健全な業者と悪徳業者とは白黒明確に分かれているとは限らず、グレーゾーン上の業者も結構多くなってきているのです。

 

ですから、悪徳金融の問題も益々厄介になってきているとも言えるのです。

 

ハッキリ黒だと断言できる悪徳金融なら、警察が介入して解決してくれることも大いに期待ができます。しかし、グレーゾーン上を巧妙に行ったり来たりしているような業者では、役所や警察などでもなかなか解決は難しいのです。

 

 

頼りになる法律の専門家

闇金、被害、逃げる

そんな時、頼りになるのはサルートやウイズユーなどの悪徳金融に強い弁護士たちなのです。

 

彼らこそは法律の専門家ですので、グレーゾーンの怪しい業者にも正面から立ち向かうことができるのです。

 

しかし一口に弁護士と言っても、人それぞれに自分の得意とする分野というものがあります。

 

たとえば交通事故の問題などに強い弁護士とか、離婚調停のプロフェッショナルとか、遺産相続問題ならば誰にも負けない経験豊富な弁護士とか、その弁護士の持ち味があるのです。

 

ですから違法な悪徳金融の問題で苦しんでいる人は、それに強い弁護士に助けてもらうのが一番です。

 

そんな真に頼りになる弁護士探しなら、サルートやウイズユーが最適なのです。

 

 

騙し取られたお金を取り戻せるか

ただし、それでも闇金業者は昔から逃げ足が速いことで有名ですから、騙し取られたお金を取り戻せるかどうかはケース・バイ・ケースになってしまうことでしょう。

 

ですから相手に逃げられてしまったら、もうそれ以上はどうすることもできなくなってしまうこともあります。

 

その点は覚悟しておきましょう。

 

 

弁護士に助けてもらう価値

しかし、たとえ逃げられて行方が分からなくなってしまっても、それ以上の被害に遭うことは無くなります。それだけでも弁護士に助けてもらう価値は十分にあることは間違いありません。

 

それから闇金被害者の多くの人たちは、多額の借金や多重債務で苦しんでいる人たちです。

 

ですから闇金問題を解決してもらった後には、そのまま継続して借金問題を解決してもらうことも可能だと考えられるでしょう。

 

たとえば借金問題解決のための債務整理手続きなら、それは違法な悪徳金融などとは全く違う合法的な手続きです。弁護士に依頼すれば、最適な方法で借金を解決することができると期待できます。

 

 

債務整理メリットとデメリット

債務整理には、任意整理、特定調停、過払い金請求、個人再生、そして自己破産などの方法がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

ですから、実際にどの方法を選択するのかは、弁護士と相談の上で決めるのがベストだと言えるでしょう。とにかく借金問題を根本的に解決しないと、また悪徳金融に騙されて被害に遭ってしまうかもしれません。

 

その辺の心配も含めた上で、サルートやウイズユーなどの頼りになる弁護士に一日も早く相談すべきです。