闇金借金連帯保証人

MENU

闇金の連帯保証に勝手にされてしまった

闇金、被害、逃げる

消費者金融やクレジット会社などの消費者にお金を貸し出す会社の貸出金利は、法律によって厳しく定められています。

 

また一人の人に貸し出すお金の量も、上限が法律によって決められています。

 

これを総量規制と呼んでいますが、消費者金融やクレジットを使ってキャッシングを行っている人の中には、この総量規制の上限まで借りてしまい新しくお金を貸し出してもらえない人もいます。

 

消費者金融やクレジットの返済に困った人は新らしくお金を貸し出してもらうために、闇金に手を出してしまう人もいます。

 

 

明らかに違法な営業を行っている闇金

この闇金は貸出金利が異常に高く10日間で元金の3割や5割の金利を取るところもたくさんあって、明らかに違法な営業を行っているところもあります。

 

お金の取立ても厳しく、少しでも遅れると執拗な嫌がらせをしてくるところも少なくはありません。

 

取り立ての厳しさで自殺に追い込まれた人もいます。

 

 

闇金の手口

闇金は新聞や週刊誌の広告などでだれにも低利で貸し出しますと宣伝を行い、返済に行き詰っている人たちをだましていきます。

 

闇金を利用する人は明日の生活費にも困っている人も多く、金利が高いのを承知で借りてしまいます。

 

また自分たちが違法なことをやっていると承知の上で営業を行っていますので、少しでも事務所などが見つかってしまうなどの危険があるときには、転々と事務所を変えて営業を行います。

 

またお客さんが返済を行う銀行口座も凍結されないように次々と変更していきます。

 

 

個人情報の要求

また貸し出す場合はお客さんの

 

  • 勤務先
  • 電話番号
  • 住所
  • 緊急連絡先
  • 場合によっては連帯保証人

 

も付けるように要求してきます。

 

これらの要求に対してどうしてもお金を用立ててもらいたい人は、本人の承諾もないまま、友人や知人の名前を借りてその人たちの電話番号や住所を伝え、緊急連絡先や連帯保証人にしてしまいます。

 

先ほども書いたように闇金の貸出金利は高額です1か月で元金の倍になってしまうことも少なくはありません。新しく貸出を受けられない人たちは早急にも返済に屈してしまいます。

 

そして返済に屈してしまったときに、業者の執拗な督促が始まってきます。督促に関しては無礼で失礼な督促の仕方を行う業者もいて、次第に利用している人は電話にも出なくなってしまいます。

 

ですが業者はこういうときであっても貸出を行ったときに教えてもらった緊急連絡先や、連帯保証人のところに返済をするように連絡を行います。

 

何も知らない連帯保証人になった人たちは、そこで自分が連帯保証人になっていると知らされるわけです。

 

業者は元金と利息を連帯保証人に払ってもらうためにまた執拗な取り立てを、何も知らなかった人たちに行っていきます。

 

 

返済の義務は生じないという法律

闇金、被害、逃げる

日本には不当とわかっていて、お金を貸し付けて利益を出そうとする者には元金を含めて返済の義務は生じないという法律があります。

 

 

専門の弁護士同士でネットワーク

業者に返済すべき元金や利息もこれに当たりますので、本来は返済をしなくてもいいものになります。

 

こんな時はこれらの業者のことがよくわかっている弁護士に相談するのがよいでしょう。これらの貸金業者の違法な行為に詳しい弁護士はたくさんいますから、専門の弁護士を探し出して相談に行ってください。

 

返済口座を凍結したり、もう既に支払ったお金の返還請求の裁判を起こしたりしてもらえます。

 

専門の弁護士同士でネットワークもできていますのでとても安心です。

 

弁護士が介入してきたと業者が知ればほとんどの業者が事務所を変わったり、連絡をする電話番号を変えてしまいます。

 

専門の弁護士はこうなることもわかっていますからそれを逆手に取った解決の仕方もしてくれます。突然に業者から連帯保証人になっているからと電話があれば驚くのは間違いがありませんが、電話の対応が終わった後で弁護士に相談することを検討してみてください。

 

一切払う理由がなく場合によれば損害賠償も申し立てることが可能になってきます。

 

 

弁護士に相談するのが一番早い解決

世知辛い時代になっていつ何時被害にあうかもしれませんので、十分に注意をしてください。もし情があれば借りた本人と連絡をつけて二人で専門の弁護士の門をたたくようにしてください。

 

借りた本人の解決もできますし、友情も壊れることもないかもしれません。

 

相談をするお金がないという人も心配はしないでください。相談費用が調達ができない人のために弁護士会では各都道府県に法テルサという施設を作って様々な相談に乗っています。

 

法テルサでは費用がない人のために弁護士費用などを貸し出していますから、こういう施設も利用してみてください。

 

違法な貸金業者の問題はその問題に長けている弁護士に相談するのが一番早い解決につながってきます。

 

毎日返済におびえるよりも一刻も早く相談に行って、早く解決してしっかりとした生活をするようにしましょう。

 

お金の問題は必ず解決ができます。

 

ましてや犯罪に絡んだお金の問題ですから、卑屈にならずに積極的に相談に行く姿勢を持つことが大変に重要なことになってきます。