自己破産しても闇金から電話がくる理由

MENU

自己破産しても闇金から電話がくる理由

 

自己破産しても闇金から電話がくる理由

自己破産をすると、すべての借金はゼロになります。免除されない債務もありますが、延滞税や損害賠償債務の一部など、特殊な例に限られます。

 

金融機関からの借金については、原則としてすべて免除されます。

 

なぜ借金がなくなったはずなのに闇金から電話がくるのかというと、闇金が法律を守っていない違法な業者だからです。法律を守っていないので、法律によって借金がゼロになってもお構い無しに電話をかけてきます。

 

そもそも、闇金からした借金は法律で認められた債務ではありません。違法な業者と交わした金銭消費貸借契約は無効になるので、借金は法律的には存在しないものとして扱われます。契約が無効になるとどうなるのかというと、契約を結ぶ前の状態に戻ります。

 

すなわち、お金を借りる前の状態に戻すわけですから、10万円を借りたなら10万円だけは返還する必要があります。利息についてはいっさい返済する義務がありません。最高裁判例によると、悪質なケースでは元本すら返済義務がないとしたものもあります。

 

このように、自己破産をしていようとしていまいと、闇金に対しては借金を返済する必要がないのです。しかし、違法業者である闇金は、法律を無視して取立てをしてきます。自己破産をしたあとも、悪質な業者は取立てを続けてくることもあります。

 

このようなケースでは、個人で対応をしても嫌がらせが悪化してしまうだけの結果になってしまうでしょう。闇金への対応は、弁護士にまかせるのが一番です。闇金を専門に扱っている法律事務所なら相談は無料ですので、まずは相談をしてみましょう