自己破産のデメリット

MENU

自己破産のデメリット

 

自己破産のデメリット

自己破産をする事によって、借金を免除してもらう事が出来ます。

 

その為、今まであった返済が一切なくなるので、生活自体も楽になるという事も少なくありません。

 

自己破産自体は債務整理の一つの方法となっていますが、借金をリセットして新たな人生を始めるという点から考えてもとてもメリットの感じられる方法だと言えます。

 

ただ、魅力的な方法にはなっていますが、必ずしもメリットだけと言う訳ではありません。実際にはそれを行う事によって感じられるデメリットも存在しています。その一つが財産を手放す事になるという事です

 

車や家等を所有している場合はそういった物を最初に手放し、弁済する事になります。勿論最低限の生活を送る事が出来る状態にはしておいてもらう事が出来ますが、自分名義の価値のある物は殆ど手放す事になると考えても差し支えありません。

 

もう一つは官報に掲載されてしまうという事です
裁判所を利用してという事になる為、官報に自分の名前等を掲載されてしまう為、知っている人がそれをチェックする人であれば自分が自己破産した事を知られてしまう可能性が十分あります。

 

後は、連帯保証人がいる場合はその人に迷惑をかけてしまうという事です
自分自身は自己破産をした事によって借金を返済する必要がなくなりますが、連帯保証人が代わりに返済する義務を負う事になります。その為、相手の人生を左右してしまう事にもなりかねないという事を知っておかなければいけません。