債務整理中でも借りれる消費者金融

MENU

債務整理中でも借りれる消費者金融

クレジットカードを作る際、任意整理、個人再生や自己破産 等の債務整理をしたりそんな経験があると、クレジットカードの審査が通らないようです。これの事は間違いないのでしょうか?
銀行や消費者金融からの融資、クレジットカードを作りたい時、必須事項として審査を受けなければなりません。審査の具体的な詳細は不明ですが、信用情報機関の登録の有無をチェックされるようです。信用情報機関に掲載されるのは、銀行や消費者金融への借金と返済状態に加えて、これまでの債務整理の記録やクレジットカードの使用情報などです。一定の間掲載されますが、永遠に掲載され続けるわけではありません。
多重債務をかかえている多くの方々は借り入れたお金の返済不能という事態に陥りがちとなり債務整理を行う事があります。債務整理をすると信用情報機関に債務整理をした旨の履歴が残ります。消費者金融からの借金や銀行から融資を受ける際、クレジットカードを作る際と審査を受けるのは必須です。信用情報機関に債務整理の履歴があると、これらの審査はクリアする事はできるはずもなく、融資を受ける事は不可能となります。というのは、債務整理をする行為は多重債務者であるが故の行為である確率が高いからです。銀行などのお金を融資する側からすると以前と同様に再び返済不能となる事を一番に恐れています。法律的には、債務整理が要因で融資や借金をする事が不可能ではありません。しかし、銀行や消費者金融のお金を貸し付ける前提条件として、債務整理の履歴が信用情報機関に記載ない事が挙げられているのでしょう。
という事は、上記のような貸付の前提条件がない金融業者であるのなら、多重債務者でもお金を借用する事は可能となるでしょう。ところが、債務整理を行ってしまうと大手の消費者金融、銀行は決して融資を受け付けてくれないのが現実です。それ故、誰でも知っている大手の消費者金融からお金を借りたいのであれば、信用情報機関の情報が抹消された後に借り入れの申込をするほか方法はないでしょう。また、過去の借金時に債務整理をした事があると、消費者金融のオリジナルのリストに記載されてお金を借りる事が不可能になってしまう事もあります。そしてこの場合、信用情報機関に情報がすでに抹消され登録がない状態にもかかわらずお金を借りる事ができない事態にもなりうるでしょう。
債務整理後に再びお金を借りたいのなら、大手は避け規模が大きくない消費者金融を選ぶ事が肝心です。中小の消費者金融ならば、お金を貸してくれるかもしれません。中小の消費者金融は大手の消費者金融から融資を受けられなかった方々にお金の貸付を数多くしている傾向があります。顧客をたくさん呼び込みたいという狙いからです。しかし、中小の消費者金融は、オリジナルの申込方法や審査を設けており、即日の融資は不可能であるなど利便性に欠ける点もあるので事前にチェックするなどして気をつけましょう。
また、消費者金融からお金を借用する際、年収の1/3以上の融資は不可とされる総量規制が適用されます。総量規制は消費者金融の大小は問いません。故に、専業主婦など無収入の方々はお金を借用する事は不可能です。仮に、無収入である専業主婦へお金の借用や年収の1/3以上の融資をしてくれる消費者金融であるならば、闇金などの違法な貸金業者である可能性が大です。違法な貸金業者は融資をする事で高額な利息の請求や法外な取立てをしてきます。闇金などの違法な貸金業者にひっかからないよう気をつけましょう。闇金などの違法貸金業者か適法な貸金業者かを見分ける方法は容易くありません。見分ける方法としては、金融庁が提供している貸金業者の登録情報を確認する事です。登録番号を入力し正当な貸金業者か否かを見分ける事が可能です。しかし、中には廃業している業者の登録番号を悪用し掲載している闇金業者も存在しているケースがありますので、できるだけ注意を払って確認していく事が肝心です。
また、債務整理をしている真っただ中に、現在進行中の債務整理をしている以外の貸金業者だからと思ってお金を新たに借りる事は絶対にしてはいけません。進行中の債務整理がきちんと終わってからにしましょう。というのは、代理で債務整理の手続きを行っている弁護士が辞任してしまうという最悪の事態になると、その弁護士費用が戻ってくる事は一切なく貸金業者間との話し合いも自らしていかなければならなくなりマイナス面だけが発生しプラス面はゼロになるからです。
債務整理をした後でも、小規模な貸金業者の場合、確率は低いですが融資できる可能性はゼロではありません。しかし、かなりの難題となる事でしょう。