闇金からの電話対策方法

MENU

闇金からの電話対応方法

闇金からの電話対応方法

闇金からの電話対応方法

 

一度でも借りてしまうと法外な利息を請求されて、元金の返済もままならずにどんどん借金が膨らんでしまう「闇金」。

 

闇金は電話での苛烈な取立ても有名ですが、闇金の電話に対応する方法はないのでしょうか?調べてみました。

 

闇金は電話するだけで危険!

 

・自己破産や債務整理などをすると、官報などを見た闇金がダイレクトメールを送ってきて勧誘してくることがあります。「ブラックでも大丈夫」「即日融資します」などと甘い言葉で誘ってきますが、絶対に連絡をしてはいけません

 

・闇金は官報などのほかにも、消費者金融を利用した人のリストなどを怪しいルートで入手し、電話をしてくることがあります。闇金は、最初は優しげな言葉であの手この手で営業してきます。その際に決して自分の個人情報を教えてはいけません。もし話術に乗せられて口座番号を教えてしまったら、勝手にお金を押し貸しされる可能性があります。

 

闇金の実態

 

闇金の営業方法は、足のつきにくい携帯電話がほとんどです。正式な事務所を構えることもなく、いつでも逃げられるようにマンションの一室などを借りて、従業員が督促の電話をかけています。

 

取り立ての際も、携帯電話からかかってきます。電話口で「家や職場に行く」「おまえや家族をさらいに行く」などと脅迫してくることもあります。しかし、実際に家まで来ることはあまりありません。なぜなら家に押しかけると捕まってしまう可能性があるからです。

 

・闇金で督促の電話をかけている人のほとんどが、一般人のアルバイトだといわれています。闇金のオーナーはお金を出して従業員に指示を出しているだけです。闇金で働いているのは不良崩れやフリーター・学生などで、電話口で怒鳴るのもマニュアルに則った演技だといわれています。

 

・しかし、闇金は貸金業法に定められた取立ての時間などを守らないので、一度こちらの電話番号を知られてしまうと時間を問わずに執拗に催促の電話をかけてきます。電話を無視していると、今度は勤め先や家族、親戚などへも恫喝の電話をかけることもあります。闇金の電話攻勢は執拗なので、出来るだけ早く法律の専門家に任せましょう

 

闇金への電話対応

 

闇金からの催促が始まったら、できるだけ早く弁護士や行政書士に法律相談してください。闇金は行政から介入されて処罰されることを恐れているので、それだけで催促の電話がピタリと止んだりします

 

・家族や会社に嫌がらせの電話がかかってきた場合は素直に事情を説明して、電話番号を教えてしまったことを謝り、着信拒否などの対策をとるようにしましょう。家族や会社に借金を知られるのは辛いものです。できれば周囲の人に闇金から連絡が行く前に、法律相談をしたほうがよいでしょう。

 

闇金から融資や借金を受けていないのに電話が来た場合

 

闇金は実際にお金を貸していない、融資をしていない人にも電話をしてくる事があります。
それは、過去闇金に借りた事がある人、闇金に連絡を取ったことがある人、ブラックリストに乗っている人
自己破産を行い官報に名前が掲載されている人です。

 

これらの人は闇金の融資の対象になるからです。

 

勿論、稀にあなたの親族、友人が闇金から借金をしていて、その取り立てにあなたを利用しようと
して電話連絡をしてくる事もあります。

 

 

その様な場合、電話に出るのは怖いと思いますので、まずは闇金専門の弁護士に連絡をして、
弁護士に対応してもらうように依頼しましょう。

 

あなたが借金をしていないのであれば、無料相談の範囲で対応してくれる弁護士もいますので、
複数の弁護士にコンタクトしてみましょう

 

>>闇金専門のおすすめ弁護士<<