返済義務はあるの?

MENU

闇金から借金をした場合の返済義務はあるの?

闇金から借金をした場合の返済義務はあるの?

闇金から借金をした場合の返済義務はあるの?

 

多重債務に悩んだ末に、つい手を出してしまった「闇金」。

 

ほんの少し借りただけでも高利のせいで借金がますます膨らみ、取立ては苛烈を極めます

 

しかし、闇金からの借金は返済義務がないことはご存知でしたか?
 

闇金とは何か?

 

・闇金(やみきん)とは、出資法の上限である20%の金利を越えた高金利で貸付をする違法業者のことです。(2010年6月に貸金業法が改正される前は29.2%までの金利でした)

 

・ケイタイ電話のみでの営業やダイレクトメールなどで勧誘し、多重債務者に違法な高金利で貸付をします。滞納した場合には自宅だけではなく、職場や家族、親戚の家にまで厳しい取立てを行う悪質な業者です。

 

・闇金業者は主に自己破産や民事再生をした際に公表される「官報」を見て、ターゲットに連絡するとされています。自己破産や民事再生をした人は、しばらくの間はそれまでの借金がゼロもしくは大幅に減額され、なおかつ正規の貸金業者からは借り入れができないためです。

 

闇金への対処方法

 

・自己破産をしたにも関わらず貸金業者からのダイレクトメールが来た場合は、絶対に返信しないことです。もし連絡を取ると、執拗に融資を受けるように勧誘され、法外な金利を払うように要求されることになります。

 

・「破産してもお金を借りる方法がある」「すぐに振込む」などの甘い言葉で誘ってきますが、絶対に乗せられてはいけません。一度でも闇金からお金を借りてしまうと、債務者の情報が悪質な業者に出回り、次々と勧誘の電話がかかってくることもあります。

 

もし闇金から借金をしてしまったら?

 

・闇金もあの手この手で貸付をしようとするので、正規の業者を装ったりします。気をつけていても闇金から借金をしてしまう場合はあるのです。

 

・しかし、もし借りた相手が闇金だと判明した時は、返済の義務は生じません。なぜなら闇金業者は国から許可を得ずに違法で金融業を行っています。無登録での金融業は、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金(もしくはその両方)という、重い刑罰に処されます。

 

・闇金業者から借金をした場合、貸付自体が違法行為となるので返済する必要はありません。既に闇金業者に返済してしまったお金も、元本と利息も含めて闇金業者に返還させる権利があります。

 

・闇金業者がケイタイ電話のみで営業していて実態がつかめない場合は、個人が交渉して返還させるのは実質不可能です。その場合は、警察への被害届や裁判所への訴訟手続きなどの法的処置を取る必要があります。

 

もしも闇金からお金を借りてしまった場合は、すぐに金融問題に詳しい弁護士に相談してください。闇金業者はあらゆる手段を使って取り立てを行ってくるので、素人が一人で立ち向かうのは困難です。ときには脅迫や暴力などにエスカレートする可能性もあります。

 

・闇金業者は違法行為を行っているので、行政などの介入を恐れています。弁護士が間に入るとピタリと取り立てが止むケースもあるので、すぐに相談してください