闇金の借金返済

MENU

闇金借金からの夜逃げの可能性

どうしようもなく闇金からお金を借り入れて、高金利で返済が不可能となり夜逃げをするしかないと考える人は多数いるに違いありません。

 

昭和の時代のドラマでよく見かけたのは闇金から逃れるために夜逃げをするシーンがありました。

 

このイメージはいつもでも残り、今でも借金の問題を解決させるには夜逃げしかないと思う人は多くいるのではないでしょうか。

 

きっとそう考える人は、誰も知る人がいない遠くの土地に逃げて生活すれば、闇金は跡を追ってはこず平和な日常が送れると思う訳です。

 

 

夜逃げをして新しい生活

闇金、被害、逃げる

実際にこの様に夜逃げをして新しい生活が

 

何の不自由もなく手に入れられるかというと、それは不可能と言えます。

 

その理由として挙げられるのが、

 

誰も知らない土地へ行くという前提で夜逃げをする事です。

 

もしその行き先が海外で頼れる人がいるのでしたら不可能ではないでしょうが、あまりお勧めはできません。

 

行き先が国内でしたら反対です。

 

 

日本の制度に理由

それはなぜかというと日本の制度に理由があり、特に日本は社会保障が万全になっていて税金を納める事で健康保険や国民年金といった保証を誰でも受けられます。

 

ですので夜逃げをしたとしても住民票の移しは必ずやらなければいけませんので、闇金は不法とされる手段を使い住民票の移動記録から逃げた場所を突き止め追ってくるでしょう。

 

居場所がバレるからといって住民票を移さなかったら、日本人として普通の暮らしが出来なくなるのです。

 

仕事をしたくても企業側は採用する際に公的書類の提出を求めてきますから、これに応じないと職にも就けないというわけです。

 

この様に、夜逃げした場合にも住民票の移しをしないとまともな生活さえも送れないわけですから闇金から逃れる良い手段とは言えません。

 

ここでお伝えしたいのが、闇金の借金問題を解決させるにあたり夜逃げではなく、他に確実な解決方法があるという事です。

 

 

確実な解決方法

そもそも闇金という存在は法的に反している貸金業者ですから、経営内容が不法行為なわけですから、弁護士に依頼して解決をしてもらう手段が的確です。

 

闇金からの借り入れはこの様に「不法行為の被害」となりますから、当然法律的にも返済をする必要がないと定められています。

 

過去に裁判でもこういった判例が出ておりますので、弁護士であれば誰でも知っている事に違いないです。

 

以上の事から、闇金から逃れる手段として一番良いのは弁護士に依頼をして交渉してもらう事と言えます。

 

闇金はこうした判例を知った上で貸し付けていますから、もし貸し付けた相手が弁護士を立ててきたとなれば、勝ち目はないと判断して契約の解除とまではいかなくても元金だけを返済するだけで済んだり、場合によっては今後一切返済をしなくて済む事もあります。

 

終わりの見えない借金に返済をしていると、きっと誰もが夜逃げをしたくなるでしょうが、夜逃げをしても何の解決にもならないのです。

 

ですので、もうどうにもならないと切羽詰まった状況になったら、専門の弁護士に一度相談をして解決へと導いてもらいましょう。

 

 

 

それでも夜逃げをしたいなら

闇金、被害、逃げる

最近は手持ちのお金が足りなくなった時に、

 

簡単にお金を借りられる方法が沢山あります。

 

必要な時にこれらの手段を上手く活用する事で金銭的に困った時も回避でき、

 

安心した暮らしが送る事が可能になります。

 

一般の消費者金融や信販会社であれば、消費者を守る為に法律で利息の上限が厳しく定められていますから、借金の返済時に滞納などをせずに毎月返済をすればトラブルなどが起きる心配はありません。

 

ただ、過去に一般の貸金業者とトラブルを起こしブラックリストに載ってしまった人は数年間は消費者金融から借入が出来ない人も中にはいる事でしょう。

 

ブラックリストに載る様な人の例としては、多数の貸金業者から借金をしている人だったり、債務整理をしたことがある人であり、一般の貸金業者かり借り入れをする際の審査に通りません。

 

こういった人は、お金が必要になった場合に審査も無く簡単に借りられる為、闇金を頼ってしまいがちです。

 

 

違法な高金利で貸し付ける金融業者

見方によっては闇金も一般の貸金業者と同様な業者と思われがちですが、「闇金」といった文字のイメージ通り、違法な高金利で貸し付ける金融業者ですから勿論正式な登録もしておりません。

 

闇金は

 

「ブラックリストに載っている人、一般の貸金業者から借り入れを断られた人等でも即日融資が可能です!」

 

といった様な言葉を売りにしていますから、どうしてもお金を必要とする人にとっては愛の手のように誤解してしまいがちです。

 

現実に闇金からお金を借りてしまった人は後に色々な災難にあい、絶対に後悔をします。

 

闇金というのは一般貸付業者では考えられないほどの高金利で融資をしていますから、元金どころか利息が利息をどんどん増やしていきます。

 

短期間の間に借金の額は一気に膨らみ、利息を支払うだけでいっぱいいっぱいとなります。

 

第一に闇金から借り入れをする人はお金に余裕があるわけがないですから、結果的に返済が滞り闇金の脅迫まがいな取り立てに日々悩まされる事でしょう。

 

 

夜逃げをしたら闇金から解放される?

違法とされる金融業者は最初から法律を無視して経営をしていますので、法的な手段で取り立てや脅迫を止めさせようとしても、素直に応じてはくれないでしょう。

 

真っ向から立ち向かっても聞く耳を持たない相手ですから、最終手段として夜逃げをして闇金から逃れるしかないと考える人な少なくないでしょう。

 

ですが、夜逃げをしたら闇金から解放されるというわけではありません。

 

もし誰も知らない土地に逃げて新たに生活を始めようとしても、絶対に住民票が必要となりますし、預金口座も新しく開設させようとしても公的な本人確認ができる証明書の提示が求められます。

 

その為、住民票を転移先に移動をさせると闇金は法外な手段で足取りをつかみ、居場所を特定されるまでに時間はかからないでしょう。

 

この様に夜逃げをしたとしても、普通の生活を送るには困難と判断できます。

 

闇金を利用してしまい返済に悩んでいる人は一人で悩みを抱え込まず、一刻も早く専門の弁護士に相談をして、借金の苦しみから脱出できる方法のアドバイスを受けましょう。

 

 

それぞれの夜逃げをする理由

闇金、被害、逃げる

毎日続く闇金からの取り立てに逃げたくなり、

 

夜逃げをする人はいますがどの様な理由でするのでしょうか。

 

借りたお金は必ず返さなければならないと思う使命感を持った人や、

 

連日続く闇金業者からのしつこい取り立てから逃げたくなる人、

 

又法的な事を全く知らない人は逃げる選択肢しかないと思い込んでいるといった人と様々だと思います。

 

闇金業者はそもそも違法とされる高金利で貸し付けを行っていますから、違法行為での貸し付けたお金に関しては一切返済する義務はないと法律で定められています。

 

 

裁判に敗訴となる事はない

この様な闇金業者の貸し付けによる問題は、過去に裁判でも多数の判例出ています。

 

もし仮に裁判で、闇金からの違法な貸し付けに対して争った場合に、一切の支払い義務を無くす事が出来なかったとしても、裁判に敗訴となる事は決してありません。

 

また、闇金からの連日の取り立てにより精神的追い込まれうつ病になったり、物が壊れたりした場合は、民法709条で定められている様に闇金に対して損害賠償請求をする事が可能とされています。

 

確実に裁判に勝つ為には専門家の弁護士に依頼した方が良いでしょう。

 

この様に法的な事を踏まえると、貸し付けた側の立場は弱く、お金を借り入れた側は優位な立場という事がわかります。

 

結果、違法金利での貸し付けたお金は法律で定められている通り、一切の返済義務はありません。

 

ですが、法的にはそう定められていても、人の考え方も様々で一度借りた金はちゃんと返済しなければいけないと強い信念を持っている人もいます。

 

この様な人は返済が滞ってしまった場合に業者に罪悪感を抱く事でしょう。

 

こういった気持ちから夜逃げという手段を選ぶ人がいるのです。また、業者からの連日続く悪質な取り立てに精神的に追い込まれて夜逃げをする人もいます。

 

 

取り立てる為に脅迫・執拗な手段

業者は貸したお金を取り立てる為に脅迫・執拗な手段で攻めてきます。違法な貸し付け業者は貸したお金が返済されなくても、法律に違反していますから国が守ってくれない事は知っています。

 

ですので一般の貸付業者では考えられないようなしつこい取り立てをしてくるケースもあるのです。

 

こういった業者による恐喝な取り立てに精神的に追い詰められ、限界が来て夜逃げをする人もいます。

 

貸し付けを受けた人が、法で定められている

 

「違法で貸し付けを行ったお金は返済する義務が無い」

 

といった事を知らない人は、先にもお話した様に返済ができないという罪悪感を持ち、しつこい取り立てにも絶えられなくなり夜逃げをするわけです。

 

このように闇金からの取り立てに悩んでいる人は、闇金問題に詳しい専門家に相談すれば、きっと解決へと導いてもらえるでしょう。

 

最高法規の日本国憲法に記されている通り、思想・良心は自由であるのが国家的担保を持つ権利ですから、借りたお金を返さなければならないという思いを持つ事は自由です。

 

ですが、法律を知っているのと知っていないのとでは全く違い、知らなければ永遠にお金を返済し続けなければいけないと思ってしまう事でしょう。

 

その様な状況になった場合は、絶対に弁護士に相談する価値はあります。借りたお金を返さないといけないと思う事は国家も担保している事ですから間違いではありません。

 

ですが、もともと法外の高金利で貸し付けを行っている業者は違法行為の上での貸し付けたお金ですから返済義務はなく裁判でも必ず敗訴する事はありません。

 

弁護士に交渉を依頼すればしつこい嫌がらせや取り立てを止める事もできますから、全てを捨てて夜逃げをする前に、一度弁護士に相談をする事をオススメします。

 

 

夜逃げのおすすめ引越し業者

闇金、被害、逃げる

「闇金」という意味は一般の金融業者とは違い、

 

法に反して闇(裏の組織)で経営をしている金融会社の事を意味し、

 

正式には「ヤミ金融業者」といいます。

 

ヤミ金融業者の金利の相場は「1週間で2割の利息」といった考えられないような高金利なのです。

 

もし返済が滞ると、自宅は勿論、職場にまで電話を掛けてきたり、時間関係なしに突然家に押しかけてきたりして、しつこい取り立てをしてきます。
中でも悪質なヤミ金業者ですと、業者がいう事を何でも従うようにさせる為に、どんどん恐喝めいた取り立てをエスカレートさせていき精神的に追い込んで思い通りにしていきます。

 

 

弁護士に相談

もしこういった状況になった場合は迷わず、弁護士に相談をしましょう。法テラスでも無料相談はできるでしょうが、相手が闇金ですとすんなり依頼を受けてくれるかは微妙な所です。

 

闇金業者というのは貸し付けているお金事態が違法なので、そのお金に対して返済しなければいけない義務はないと法律では定められていますから、今後支払わなくてもいいです。

 

と、もしアドバイスをしてくれるとしても、法律的な事を教えてくれるだけかもしれません。

 

返済をせずに逃げているだけでは解決はしませんし、業者はよりいっそう取り立てがひどくなるだけかもしれません。

 

ですので闇金問題を解決させてきた実績のある弁護士に依頼すれば、解決策を教えてくれますでしょうし、

 

今後どの様にしてヤミ金業者と付き合っていけばよいかなど色々とアドバイスはもらえますし、日々悩んでいる問題は解決し普通の生活が手に入れられるでしょう。

 

 

弁護士費用の支払

ただ、ヤミ金に手を出す人はお金に困っている人ですから、弁護士費用が支払えなかったり、

 

信頼のおける弁護士に出会えなかったり、又、警察を頼っても民事不介入という理由で相談に応じてもらえなかったりした場合、残された手段は「逃げる」事ではないでしょうか。

 

つまり「夜逃げ」という事です。

 

夜逃げする為に引っ越し屋さんに頼もうとしても有名な業者は拒否します。このような特殊な引っ越しを引き受けてくれるような業者をインターネットで検索してみたり、小さい業者に直接交渉をすると良いでしょう。

 

荷物の量や引っ越しにかかる時間などで料金が変わってきます。

 

積み込む量が小型のトラックで間に合うのでしたらいいですが、それが無理で大型のトラックを頼むとなると荷物の量が多いでしょうから積み込む時間もかかり、料金もその分かかります。

 

それと引っ越し先までの移動距離も料金と深く関わってきますので遠方ですと高くなりますし、プラス普通の引っ越しではない分危険も増しますので、料金もかなり反映される事でしょう。

 

この様な事情を踏まえると、少なく見積もっても5万円以上はかかると思っておいた方がいいです。

 

それと、一般の引っ越し業者に頼むよりは「夜逃げ」において経験があり慣れている業者の方が、費用が安いに違いありません。

 

このような業者に依頼できれば安くて5万円ですが、10万円〜20万円あればお金の心配なしに依頼できるでしょう。