借り逃げ

MENU

闇金からの借り逃げ

闇金から借り入れをして、返済をせずに逃げてしまう事は可能です。過去に裁判所でのそういった判例は沢山あります。

 

借り逃げを可能にした判例をご紹介しますと、

 

  • 最高裁判所で平成20年6月10日に判決、
  • 札幌高等裁判所で平成17年2月23日に判決、
  • 東京簡易裁判所で平成15年2月13日に判決、
  • 東京簡易裁判所で平成16年11月10日に判決、
  • 福岡高等裁判所で平成17年1月27日に判決

 

といった様に多数あります。

 

その中でも注目して欲しいのが、最高裁判所での平成20年6月10日判決ですと、借り逃げを行う事に際して大変大きな力となります。

 

 

司法の中で一番の最高機関

闇金、被害、逃げる

日本の司法の中で一番の最高機関といいますのは最高裁判所です。

 

もし法的なトラブルが起きた際に自分で解決する事が不可能となった場合は、

 

最終判決を下す国の紛争解決機関の最高裁に本人が申し出ます。

 

平成20年6月10日の判決は裁判所の中で最も力のある機関の最高裁判所が闇金の借り逃げについて、可能とした判断を下したわけです。

 

 

最高裁の判断とは

最高裁は

 

反理論的行為に該当する不法行為の被害者が、これにより損害を被るとともに、当該反倫理的行為に関わる給付を得て利益を得た場合は、同利益ついて、加害者側からの不当利益返還請求が許されないだけでなく、被害者側からの不法行為に基づく損害賠償請求においては、損益相殺ないし損益相殺的な調整の対象として、被害者の損害額から控除することは、民法708条の主旨に反するものとして許されない」

 

と話しました。

 

もしこの判例をずっと受け継ぐ事になったなら、闇金から借りた借金は返済せずに逃げる事が可能になるというわけです。

 

この先、裁判の判例が変更にならない限りは、この考え方が支持されていくことでしょう。勿論、2016年今現在においても闇金からの借り逃げは可能とされています。

 

もしこの理論的手段を利用すれば、違法な貸し付け業者に対してこれを告知するだけで、借り逃げができます。

 

 

闇金側は過去の判例を認識している

ただ、闇金側はこういった過去の判例を認識した上で、違法とされる金利の融資をしていますから、単に最高裁での判例を告知しても、簡単に取り立てを辞めて引き下がる事はなかなか無いでしょう。

 

そういった場合は、闇金に強い弁護士に相談をする事が一番です。

 

弁護士に依頼すれば、しつこい取り立ても即日になくなる事もあります。初回は無料で相談に応じてもらえる弁護士事務所もありますので気軽に相談ができます。

 

又、依頼した場合は一件の案件につき5万円ほどで引き受けてくれたり、費用の分割払いや後払いにも応じてもくれる弁護士事務所等もあります。

 

その他、全国どこでも出張してもらえる弁護士もいますよ。

 

弁護士に依頼した場合にどうしても費用はかかりますが、数十万円〜数百万円ある借金が数万円で返済しなくて済むわけです。

 

弁護士なら誰に依頼しても良いわけでなく、こういった闇金問題に詳しい専門の弁護士に依頼しましょう。

 

現在の弁護士報酬の取り決めは自由となっていますから、依頼する弁護士によって額はバラバラで、一件につき数万円の所もあれば数十万円といった弁護士事務所もあります。

 

闇金問題を多く扱った実績のある弁護士の先生に依頼すれば、時間をかけず費用も最低限に抑えて引き受けてくれるでしょう。

 

ただ、成功報酬の他にも、別で経費が発生した場合は、後ほどかかった分だけ請求されますから、依頼をする前にその辺の事もじっくり聞いておきましょう。

 

 

 

弁護士に相談

闇金、被害、逃げる

よくインターネットを見ると「闇金から借り逃げする事は簡単だ」

 

という言葉を見かけますが、

 

過去に最高裁が「返済義務は無い」といった判例を出していますから、

 

実際にも借り逃げをする事は出来ない事はないのです。

 

よっぽど切羽詰った状況でない限りは、いくら借り逃げができるからといって闇金からお金を借り入れる事は絶対に避けた方が良いです。

 

貸付業者が素人だったり、学生がやっている様な相手でしたら、借り逃げしても大事には発展しないでしょうが、もしその業者が暴力団が関わっていたら、大変な事態が起こりうる可能性も考えられます。

 

 

暴力団はプライドが高い

昔と違って今は、例え暴力団といってもやりたい放題できる時代では無いですから、突然殺されるなんて事は起きませんが、暴力団はプライドが高く面子を気にします。

 

一般人に簡単に借り逃げされてしまった場合は暴力団としても立場がなくなりや面子にも傷がつきますから、

 

何としてでも見つけ出し恐喝や暴力行為で取り立てを行ったり、殺されてしまう事も確率としては低いですが、全くゼロとはいいきれません。

 

この様な事態を避けるためにも、やはり借り逃げをすることを決めておいて闇金を利用する事はやめましょう。

 

ただ、中には闇金から借りてしまったお金を返済できずに悩んでいる人もいるでしょう。この様な人が借り逃げの様な事を考える事は仕方の無い事でしょう。

 

初めにお話したように、過去に「闇金から借り入れしてしまっている借金は返済しなくても良い」と最高裁で結論が出されていますから、万が一返済に困っている状況の人は弁護士に依頼をしましょう。

 

闇金に詳しい専門の弁護士であれば、このような結論は知っていますから、これを前提に闇金側に強気で交渉に応じてくれます。

 

 

弁護士による交渉例

交渉例と致しましては、「元金だけは返済するから、それで縁を切って欲しい」と闇金側に提案をします。すると、素直に応じてくれるのです。

 

その理由は、もし弁護士の提案に反した場合は裁判を起こされる可能性が高いと判断し、裁判となれば勝ち目はなく元金さえも徴収できなくなると思うからです。

 

ですから、裁判となり負けてしまいその上、警察に目を付けられてしまってはマイナスでしかありませんから、元本だけを受け取るといった話は業者にとっては良い話と捉えます。

 

最高裁での判例は大きな力のある存在ですから、こうした方法がある事は絶対に知っておいた方が得です。

 

借金を抱えている人の中には、元本も返済せず借り逃げをしたいと思う人がいるでしょうが、こういった場合は裁判での判決が必要にはなるでしょうが、裁判所を起こすまでの価値があるかは微妙な所といえます。

 

裁判を起こすには弁護士に依頼しなければいけませんから、勿論弁護士費用を支払う必要がありますし、

 

借金の額によってはリスクが生じ、自分がマイナストなる事もありますから、借り逃げが出来るからといって安易に裁判を起こす事を決めるのはやめましょう。

 

この様に闇金から借りたお金を真面目に返済する必要が無い事を頭におき、弁護士に相談をして自分に一番合う解決策を決めましょう。

 

 

 

闇金から借り逃げをしたら自分にふりかかる危険とは

闇金、被害、逃げる

自分一人で闇金から借り逃げをした場合に、

 

後に危険な事態に巻き込まれてしまう可能性が考えられます。

 

昔のイメージの闇金はやくざが絡む高金利で貸し付けを行う業者を

 

思い浮かぶ人が多いでしょうが、今現在は素人でも行っている事もあります。

 

バブル時代では大きな社会問題にまで発展しましたが、勿論今でもやくざは関わっている事でしょう。

 

闇金業を経営しているやくざは多数いますから、もし自分で闇金から借り逃げをすると相手を怒らせ、どの様な仕打ちをしてくるかわかりませんし、場合によっては精神的に追い込まれ自殺してしまう可能性もあるのです。

 

 

八尾市で起きた悲劇

現に2008年に八尾市で起きた、悪質な取り立てと高金利な返済に日々悩まされたか家族3人が自殺をした事件もあります。

 

この事件も詳細は、闇金から1万5千円の融資を受けたのですが、1週間たっただけで元本と同じ額の利子を請求されたのです。

 

連日続く悪質な取り立ては、本人だけではなく職場や友達、近所の人にまで及びました。

 

警察の調べによって脅迫行為が認められた事件だと断定しました。

 

もし家族が電車に投身自殺をしてしまった場合は、自殺をした遺族に対して電車の運営をしている業者側から高額な賠償請求を求められる事もあります。

 

その他にやくざが関わる闇金の事件は、

 

  • 住吉会系の組員が関与した宮城県女性監禁リンチ事件
  • 山口組が関与した神戸商船大学院生拉致リンチ殺人事件

 

などが有名ですが、テレビやマスコミで発表されていない殺人、リンチ、監禁といった重大犯罪は沢山あります。

 

最初にお話しした様に、法に違反した高金利を貸し付ける業者はやくざが関与している可能性が高く、万が一借りたお金を返済せずに、借り逃げをしたら、やくざの面子やプライドを傷つけ怒り出し、大変危険な状況へ追い込むに違いないでしょう。

 

場合によっては殺害されたり、リンチや監禁され自殺に追い込むほどの精神的ストレスを与えてきます。

 

ですので、もし闇金に手を出し違法な金利でお金を借り入れてしまったら、借り逃げする手段はやめて闇金に強い弁護士に相談する事をオススメします。

 

 

弁護士に依頼すれば

弁護士に依頼すれば、貴方に変わってやくざに交渉をしてくれますから、貴方に起きる危険は回避され安心して生活が送れるようになるでしょう。

 

昔と違って今はやくざが活動する事は日本の法律で大変厳しく取り締まりを行っていますから、お金を貸している業者に弁護士が電話を掛けるだけで脅迫めいた嫌がらせや取り立てが止まる事もあります。

 

やくざが取り立てを行う際は素姓を調べお金が取れそうな所を狙ってとります。

 

闇金の多くは最初は少額を貸し付けます。

 

闇金は個人や個人の所属する組織に警察が目をつける事を一番避けたがりますので、弁護士が付いた時点でしつこい取り立てを止める事が多いですから、借り逃げを考えるのでしたら弁護士に相談に乗って貰う事をオススメします。

 

弁護士の中でも特に闇金を専門とする弁護士がいますから、多数の解決の実績を持つ経験豊富な弁護士の先生に依頼するのが一番です。

 

初回は相談無料で応じてもらえる事務所が増えてきていますから、お金に困っている人でも安心です。

 

また、実際に依頼する場合も弁護士費用は後払いができたり、分割でも対応してもらえる所もあります。

 

相談する際に、直接会わずに最初は電話やメールでも相談可能な事務所や、出張相談もしてもらえる事務所もありますから、インターネットを利用してその様な弁護士事務所を探してみて下さい。