安心な街金

MENU

安心な街金

1. 安心な街金について説明していきたいと思います。

安心な街金

まず街金について一口で言うなら大都市などをメインとし、小規模の貸金業務をしている業者のことです。

 

貸金業者の事務所というのは、大抵が市街地に存在するので街金と言われるようになりました。メインターゲットは消費者金融業者、商工ローンなどを含む個人、もしくは零細業者と言うことが出来ます。

 

以前は街金と聞くと審査に通りやすく簡単にお金が借りれる金融業者だけど金利が高いといった印象を持たれていて一般の人には使いにくいと思われていました。

 

ですが2007年に貸金業法が改定されて利息制限法が規定され金利の上限が決定されてその金利以上の貸付については違法と定められたので、多くの金融業者は撤退し数自体は減少傾向にあります。お金の貸し借りをする際には、事務所にて現金で受け渡しを行うか、銀行口座に振り込むといった形式が一般的です。

 

街金というのは返済期間が短くて支払金額については大きく設定しています。金利は大手消費者金融と比較するとやはり高めに設定されているといえるでしょう。ですが街金業者には「資金使途」を問わないでお金を借りることが出来る会社が大半で、高金利で営業する場合があるから、気軽に活用する事は高リスクであると言えます。

 

そして街金の中には貸金業の届け出を提出していない違法業者である闇金も混じっています。だから実際にお金を借りる前に貸金業協会に加盟している業者かどうかを調べることが重要です。 ブラックの人も生活費を借りたい場合は街金融がオススメと言えます。

 

多重債務の人やブラックの人であっても希望額を少なくすればお金を借りることは可能になります。当然大手消費者金融ではブラックの人は難しいので、ブラックでお金が借りたい場合は中堅金融で融資をしてもらうようにしましょう。

 

中でも街金は地域密着型なので、大手と比較して知名度が低く人気がないというイメージがあるようですが、結構訳アリの人からは支持されていると言えます。自己破産をしてよそではお金を借りることが出来ない場合や、借り入れ件数が多いから大手消費者金融では軒並み断られる人は大勢います。

 

信用情報、属性情報に問題がある人は街金に相談する傾向が強いと言えます。審査の可決率が大手と比べてかなり高い街金はお金を今すぐ必要な人からしたらとてもありがたい存在なのです。大手消費者金融みたいに大きな金額をまとめて借りることは出来ませんが、30万以下の場合は対応してくれる業者が沢山あります

 

1万円から10万円くらいの小口融資に特化していてお金を借りるまでのスピードも早いのが特長です。少しのお金がいる場合、生活費が足りない時に街金を使う主婦層の利用も多いと言えます。時間とお金にゆとりがない場合はブラックの人でも審査に通る街金は一部の層から強い支持を受けていると言えますし、ネットでのその点では評価されています。